如来堂

斎藤一を隊長とする会津新選組死闘の地

新選組殉難の地。
母成峠の戦いに敗れた新選組は、北へ向かおうとする土方歳三らと会津に留まろうとする斎藤一らに分かれました。このとき斎藤一は同意した隊士とともに会津へ残りました。
明治元年(1868)年9月4日、城下に進出した新政府軍は、如来堂に立てこもる新選組を攻撃し激しい戦いを繰り広げました。
このとき全員討ち死にしたとされていますが、実際は、斎藤一をはじめ数名が生き残りました。

【アクセス】バス:路線バス「黒川」下車徒歩20分/車:JR会津若松駅から約10分

関連スポット

  • 会津町方伝承館

    会津まちなか「ホッと」ふれあいステーション..read more

  • 会津武家屋敷

    会津藩家老・西郷頼母の屋敷を中心に、県重要文化財が目白押し..read more

  • 鶴ヶ城天守閣

    国指定史跡・若松城跡 会津若松市のシンボル「鶴ヶ城」。白虎隊士も見た国内唯一の赤瓦の天守閣が甦りました!..read more

  • 会津新選組記念館

    新選組関連の旧跡にほど近い、時代の空気を感じさせる空間です。..read more