渓谷のせせらぎに耳を澄ませる名湯めぐり

会津民謡「会津磐梯山」に唄われている身上をつぶした小原庄助さんゆかりの東山温泉は、会津若松市内の東側、車で10分ほどの山間を流れる湯川沿いにあります。四季折々に変化する渓谷美と良質のいで湯に魅せられ、竹久夢二や与謝野晶子などの墨客たちに愛されてきました。
 開湯は今からおよそ3,000年前、行基が発見されたと伝えられる歴史ある温泉街として、山形県上山温泉・湯野浜温泉と並び奥州三楽郷と呼ばれています。

  1. 東山温泉

    四季折々の自然と、さらさらのお湯で観光客を魅了し続ける..read more

  2. 芦ノ牧温泉

    かつて幻の温泉郷と伝えられた「芦ノ牧温泉」を満喫!..read more

  3. 会津若松旅館ホテル組合

    会津若松市内のホテルや旅館をご紹介します。..read more